MENU
活動紹介 Committee

公衆衛生部

公衆衛生部は幅広く活動していますが、主に調査研究部門、予防接種部門に別れて活動しています。

委員一覧

担当副会長 塙 佳生
担当理事 和田 紀之
担当理事 泉田 直己
担当理事 沼口 俊介
担当理事 諏訪美智子
担当理事 萩原 温久
委員長 黒澤サト子
委員 伊藤 圭子
委員 柴田 雄介
委員 白井 泰生
委員 菅谷 明則
委員 時田 章史
委員 千葉 昭典
委員 西野 多聞
委員 細部 千晴
委員 牧野 郁夫

公衆衛生部の活動内容

公衆衛生部は幅広く活動していますが、最近の主な活動は下記です。

① 調査研究部門:現在下記の調査研究を行っています。

  1. 百日咳調査:10区4市を中心に開始し、協力医療機関をML登録して百日咳を疑うケースにおけるLAMP法を用いた診断。(千葉大学、国立感染症研究所との共同研究)
  2. 感染症サーベイランス報告「保育園児から分離される肺炎球菌株の病原性解析」(千葉大学と共同利用・共同研究)
  3. ヒト検体からのインフルエンザウイルスの分離調査、2018年1月から当公衆衛生部所属の登録医療機関においてのインフルエンザウイルスの分離(東京大学医科学研究所(河岡義裕教授)との共同研究)
  4. インフルエンザワクチンの効果インフルエンザ様症状小児例におけるインフルエンザワクチンの影響
  5. インフルエンザワクチン接種の重症化予防効果について検討

② 予防接種部門:現在必要とされるワクチンおよび下記の会議等の情報を共有しています。

  1. 東京都麻しん・風しん対策会議で「全年齢層における麻疹ワクチン接種率向上による2020年までの麻しん発生ゼロ」意見書紹介
  2. 日本耳鼻咽喉科学会による「2015-16年にかけて発症したムンプス難聴の大規模調査」の結果を踏まえたムンプスワクチン接種の啓発について
  3. HPVワクチン接種推進に向けた関連学術団体(予防接種推進専門協議会)の見解と接種啓発について