MENU
更新情報 News

(終了しました。)【お知らせ】第116回東京小児科医会学術講演会(オンデマンド配信)のご案内(第3報)


第116回 東京小児科医会 学術講演会

テーマ「HPVワクチンをすすめるための必要な知識」

オンデマンド配信
配信期間:3月21日(日)~3月28日(日)

主催:東京小児科医会

参加費:非会員 5,000円
    会員 特別価格になります。くわしくは こちら

申込み:東京小児科医会ホームページから事前申込みをお願いいたします
   ・非会員向けの申込み・参加方法は こちら
   ・会員は、会員PWを入手後に会員限定ページからお手続きをお願いいたします
 → 終了しました。

申込締切2021年3月10日(水)→延長(第5報を参照)
認定単位:専門医共通講習、小児科領域講習(各1単位)

 

  1. 専門医共通講習(感染対策) 60分

    「ヒトパピローマウイルス感染症と子宮頸がん」
     公益財団法人東京都予防医学協会 検査研究センター長   木口 一成 先生

  2. トピックス 約40分
     新型コロナウイルス感染症に関する最新情報

     コロナワクチンとHPVワクチン
       痛いワクチン?」

     川崎市健康安全研究所 所長   岡部 信彦 先生


    講演抄録
     COVIDの現状を少しと、ワクチンについて、特にHPVワクチンと共通して
    「痛み、不安感(不信感?)」に
     関する有害事象への新たな考え方[ISRR]
    について紹介させていただく



  3. 小児科領域講習 70分
    「こどもを痛みから守る医療を目指して
     ―ワクチン接種の痛みを防ぐ意義、接種後の遷延痛の対応のポイント―」
    日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野 教授   加藤 実 先生

 

 

※会員には後日、会員限定ページより各講演資料PDFのダウンロードも行える予定です

 

(2021/3/6 初稿)
(2021/3/8 追記)